花王キュレルのセラミド配合化粧品について

乾燥性敏感肌のためのセラミド化粧品 花王のキュレル

健やかな肌を保つために必要な成分が「セラミド」です。セラミドが細胞間のすき間を満たすことで、潤いを保つとともに外部からの刺激から肌を守る役目をしています。つまり、肌のバリヤ機能がその大きな役目です。しかし、このセラミドが不足しがちなのが、乾燥性敏感肌といわれるものです。これは、気温や湿度などの変化に対し、肌が乾燥して外部からの刺激に対して過剰に反応する状態をいいます。また、このバリア機能が無くなると体内の水分も逃げて行ってしまいます。

 

セラミドが失われる大きな要因は、紫外線の照射ですが、その他にも顔やからだを洗うだけでも流れ出してしまいます。こうしたセラミド不足を補うのがセラミド化粧品です。花王のキュレルはふたつの働きでこのセラミドを補う化粧品です。そのひとつは洗浄時にきめ細かな泡立ちで細胞間のすき間に影響を与えないようにし潤いを保ちながらセラミドを流れ出にくくすることです。そして洗浄後は、独自開発の保湿セラミド機能成分が細胞間のすき間に浸透しセラミドの働きを助け保湿状態を維持します。これによりバリヤ機能が保たれるので、外部刺激に対しても肌荒れしにくくなり、潤いがありハリのある肌を保ちます。

セラミドとは肌のバリア機能を守る物質

セラミドとは、角質層に存在する細胞間脂質のことです。肌のバリア機能の40%〜65%を担っているので、セラミドが不足すると肌は乾燥してしまいます。セラミドは水に溶けないので、水分を保持して蒸発を防ぎます。セラミドにはいくつかの種類があります。ヒト型セラミドは人間の皮膚に存在するものとほとんど同じ化学構造なので、よく肌に馴染み保湿力も高いです。反対に石油原料から化学的に合成された擬似セラミドは、安くで生産できますが効果が薄いです。ナノセラミドは通常のセラミドをより浸透させるためにそれぞれのメーカーが独自で開発したものです。セラミドを配合した化粧水や美容液を使う時は、適量を肌に伸ばした後で手のひらを密着させると浸透しやすくなります。乾燥が気になる部分は重ねづけして、手のひらに肌が吸い付けばスキンケアは完了です。セラミドは化粧品を使って外部から補給することもできますが、食べ物にも含まれています。米や小麦、牛乳に含まれており、特にこんにゃく芋には7倍〜16倍も多いです。黒豆やゴボウ、わかめにも多いため、黒色の食品を食べると良いです。消化吸収の過程で栄養が損なわれるので、たくさん食べる必要があります。

肌の潤いを保つセラミドの効果とは

肌の乾燥がひどくていくらローションをつけても解消しないという方がいらっしゃいます。
乾燥の季節や、エアコンなどの空調の風が当たる状態の方、または年齢を重ねて肌が過敏になってしまっている方などはこうした症状を実感されることが多くあります。
これは肌表面だけでなく肌の内側の細胞間脂質が減少してしまったために起こるものです。
肌は表面の角質がバリアーのようになり、内側の細胞が乾燥するのを防いでいます。
肌の内側にはコラーゲンやエラスチンなどの弾力繊維のほかに、ヒアルロン酸などの肌の潤いを保つ成分がありますが、これらをつないでいるのが細胞間脂質のセラミドです。
セラミドは細胞同士をつなぎ止めて潤いを保ち、外界からの刺激を和らげる働きもしている重要な成分ですが、年齢とともに減少してしまいます。
セラミドが減少すると肌が敏感に傾いて、炎症や乾燥などさまざまなトラブルを引き起こしてしまうのです。
セラミドはコスメなどから補給することができますので、セラミド入りの乳液やローションを使うのがおすすめです。
セラミド入りのコスメを使うことで、肌の潤いをしっとりと保ち、弾力や免疫力を高め肌トラブルを防ぐ効果が期待できます。